Alice Report

専門学生・有栖川の日記

食事の影響を受けやすい検査項目

 採血をする前に「食事をとらないでください」と言われますが、なぜ食事をとってはいけないのか調べてみました。

食事の影響によって検査値が変わる項目は…

血糖値

インスリン

中性脂肪   

  メカニズムは下記のようです。

食事に含まれる糖質が唾液に含まれるアミラーゼによって分解され、最終的に小腸からグルコースという形で吸収し門脈を通って肝臓へ運ばれます。

 肝臓からグルコースが全身に放出されると血糖値が上昇します。また、グルコースが膵臓β細胞に取り込まれると、インスリンを分泌するようになり、インスリンが上昇します。

 中性脂肪は肝臓でグルコースから作られる脂肪酸と脂肪組織から放出された遊離脂肪酸から合成され、VLDLに組み込んで血中に分泌されます。このときに中性脂肪が上昇します。

  内因性に産生されたグルコース量のときに血糖値やインスリン、中性脂肪の値はどうなのか知りたいのに、食事という因子が加わることによって異常値を示してしまうことがあるようです。

 

 

ペットのおうち